WIRELESS GATE

HOME 〉 ニュース 〉 ワイヤレスゲートのサービスエリアを中国に拡大 ~ 初の国外エリアでのサービス提供を開始 ~

NEWS
ニュース

NEWS

ワイヤレスゲートのサービスエリアを中国に拡大 ~ 初の国外エリアでのサービス提供を開始 ~

2010.2.10

ワイヤレス・ブロードバンド・プラットフォームを提供する株式会社トリプレットゲート(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:池田 武弘、以下 トリプレットゲート)は、中国における公衆無線LANインフラの運営を行う株式会社AICENT(本社:米国カルフォルニア州、 CEO:リン・リウ、以下 エイシェント)と業務提携を実施し、 2月10日より、当社が運営する公衆無線LAN接続サービス「WirelessGate(R)(ワイヤレスゲート)」の国際ローミングサービスを開始します。

昨今、ノートパソコンの小型化などコンパクトな無線LAN対応のデジタル機器の利用者が普及してきています。 こうした機器は、持ち運びにも便利なため、日本のみではなく海外への出張や旅行時にも持参されることも多く、 海外での公衆無線LAN接続サービスのニーズも高まりつつあります。

中国での利用は、ワイヤレスゲート会員であれば、追加オプションサービスに入会する必要なく、 誰でも利用することが可能です。 利用料金は1分間20円(税込)の時間従量課金制。 事前に専用の無線LAN接続ソフトウエア(利用料金:無料)をパソコンにインストールしておけば、 エイシェントの運営する公衆無線LAN接続可能エリアにて、 ソフトウエアを起動して接続ボタンをクリックするだけでインターネット接続ができます。 これにより、中国のスターバックス店舗や空港、ホテルなどにおいても、 メールの送受信やブログの更新など、 日本の自宅や外出先と変わらないブロードバンド・インターネット接続が可能となります。

なお、ワイヤレスゲートの海外サービス提供は、今回が初めての取り組みとなります。 また、ワイヤレスゲートは、エイシェントが運営する公衆無線LANエリアを利用できる日本で初めての公衆無線LAN接続サービスとなります。

エイシェントとの提携は、トリプレットゲートにとっては、 中国という日本国外エリアへのサービス提供を通じたワイヤレスゲートユーザーへの利便性向上に繋がるものです。 一方、エイシェントにとっては、 日本国内最大級の会員数を持つワイヤレスゲートによる中国内の公衆無線LANインフラの利用数向上に繋がるものです。 トリプレットゲートでは、この度の中国展開を皮切りに、香港、台湾などのアジア地域をはじめ、 グローバルにサービスエリアの拡充を図っていく予定です。

本プレスリリースに関する報道関係者からのお問い合せ先:

(株)トレイントラックス(広報担当)
担当:小牧、山角
TEL: 03-5738-4177
E-MAIL:pr@traintracks.jp

一般からのお問合せ先:

(株)トリプレットゲート コールセンター
TEL: 0120-779978
E-MAIL:info@wi-gate.net

page-top