WIRELESS GATE

HOME 〉 ニュース 〉 「Facebookと位置情報を連携する」アプリなど2つの公衆無線LAN接続アプリを提供開始

NEWS
ニュース

NEWS

「Facebookと位置情報を連携する」アプリなど2つの公衆無線LAN接続アプリを提供開始

2012.1.24

ワイヤレス・ブロードバンド・プラットフォームを提供する株式会社ワイヤレスゲート(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:池田 武弘、以下 ワイヤレスゲート)は、公衆無線LAN(以下 Wi-Fi*)接続サービス「WirelessGate®(ワイヤレスゲート)」のスマートフォン向けのアプリを、本日より2種類配信します。

接続エリアの検索、自動接続、Facebookと連携するアプリ「WGConnect for Android」

「WGConnect for Android」は、国内のWi-Fi接続可能エリアの検索と接続エリア内での自動接続、さらにFacebookなどのSNSサービスと連携するアプリです。Facebook上では、チェックイン機能により、接続完了時に接続情報(日時・場所)を友人、知人に共有することが可能となります。また、接続エリアでのログインごとに加算されるポイントをランキング化し、Facebook上でワイヤレスゲート会員同士がランキングを競って毎月賞品を獲得できたりや、特定の接続エリアで接続すると賞品がもらえる「宝探しゲーム」などのキャンペーンを開催したりする予定です。さらに、今後は位置情報と連動した動画や広告などのコンテンツ情報を提供するサービスも開始する予定です。

世界19ヶ国・地域、約23万8千箇所にてWi-Fi接続ができるアプリ「WGConnect for Global」

ワイヤレスゲートは、2010年2月に開始した中国(本土)でのサービスに加えて、本日より海外のWi-Fi接続エリアを大幅に拡大し、中国、香港、韓国、台湾、シンガポール、タイ、フィリピン、マカオ、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、ドイツ、イギリス、オランダ、オーストリア、クロアチア、チェコ、南アフリカの合計19ヶ国・地域、約23万8千箇所の接続エリアにて利用可能になります。「WGConnect for Global」は、日本のワイヤレスゲート会員が、海外でのWi-Fi接続の利用を便利にするためのアプリです。アプリを利用すると、通常、海外での接続時に必要な事前設定をする必要がなくなり、接続エリアの検索と接続エリアでの自動接続が可能となります。昨今、日本でのスマートフォンの普及に伴い、ビジネスでの出張や旅行で海外を訪れた際に、日本で利用しているスマートフォンを使ってネット接続し、メールのチェックをしたり、ブラウジングしたりするニーズが増加しています。「WGConnect for Global」は、こうした利用ニーズに対応するものです。

スマートフォンが拡大する昨今、スマートフォンからWi-Fi接続を利用するユーザーが大幅に伸びています。今後、こうしたスマートフォンユーザーはもちろんのこと、その他の端末においても、ユーザーの利便性向上につながるサービスの拡充を積極的に展開し、ワイヤレス・ブロードバンドユーザーの普及に努めていきます。
以上
*Wi-FiはWi-Fi Alliance® の登録商標です。

本プレスリリースに関する報道関係者からのお問い合せ先:

(株)トレイントラックス(広報担当)
担当:小牧、山角
TEL: 03-5738-4177
E-MAIL:pr@traintracks.jp

一般からのお問合せ先:

(株)トリプレットゲート コールセンター
TEL: 0120-779978
E-MAIL:info@wi-gate.net

page-top