WIRELESS GATE

HOME 〉 投資家情報 〉 IRポリシー

IRポリシー

IR活動および情報開示の基本方針

IR活動の基本方針

株式会社ワイヤレスゲートは、株主・投資家様をはじめとするすべてのステークホルダーの皆様と対話を通じて、当社へのご理解を深めていただき、適正にご評価いただくことをIR活動の目的としております。そのため、当社に関する重要な情報を、適時、正確、公平かつ継続的に開示する事を基本方針としております。


コミュニケーションの充実

株式会社ワイヤレスゲートは、株主・投資家の皆様に対し経営戦略や事業方針について明確に伝える透明性の高い企業でありたいと考えております。そのため、会社説明会や決算説明会など、経営者自身が、内外の個人・機関投資家および証券アナリスト様等に対し、直接語りかけていく場を充実させて参ります。


情報開示基準

株式会社ワイヤレスゲートは、金融商品関連法令および東京証券取引所の定める適時開示規則に基づき、適時開示を行います。また、適時開示規則には該当しない情報についても、株主・投資家の皆様への情報開示が有益と思われるものについては、開示を行います。


情報開示の方法

上記の情報開示基準に基づき、金融庁の提供するEDINET(金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)や東京証券取引所の提供するTDnet(適時開示情報閲覧サービス)への登録、プレスリリース、当社ホームページへの掲載等、様々な手段を活用して、より多くの株主・投資家の皆様に適時かつ公平、迅速に情報が伝達されるよう努めます。


業績予想および将来見通し

株式会社ワイヤレスゲートが開示する情報のなかには、業績予想および将来見通し(中期経営計画、経営戦略等)に関する情報が含まれる場合があります。これらの情報は、その時点で入手可能な情報に基づき作成したものでありますが、実際の事業内容や業績は、様々な要因により異なる可能性がありますので、この点にご留意ください。


沈黙期間の設定

決算発表前の情報漏洩を防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、当社の事業年度および毎四半期における決算日の翌日から決算情報の発表日に至るまでの期間を「沈黙期間」とし、この期間中は、決算・業績見通しに関するコメントや質問にお答えすることを控えさせていただきます。何卒、ご理解いただきますようお願いいたします。ただし、当期間中に、業績予想および投資判断に影響を与える重要な事象が発生した場合は、適時開示規則に従い適宜情報開示を行います。


免責事項

当ホームページに掲載された情報は、当社の経営情報や財務情報を理解していただくものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。投資に関するご決定は利用者ご自身の判断において行われるようお願いいたします。 また、当ホームページ上に掲載されている内容について、当社はその正確性、完全性等について保証を行うものではありません。万一、これらの情報に誤りがあったとしても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご了承ください。


株式会社ワイヤレスゲート
代表取締役CEO
池田 武弘

page-top